巡る奈良

豊穣な文化の集積地にして私たちの心のよりどころとなる古の原風景が今も息づく場所 奈良。悠久の歴史を感じながら、奈良大和路の神社やお寺の魅力に触れ、奥深い奈良を旅しましょう。

コース

1

古くから伝わる物語を求めて巡るルート

民話・神話・伝説の残るスポットへ

奈良には、『古事記』や『日本書紀』に記された神話に加え、
暮らしの中で伝えられてきた民話など、さまざまな伝説が残っています。
ぜひ、悠久の流れに身を任せ、
悲喜こもごもの豊かなエピソードが煌めく“まほろば”を巡ってみませんか。

コース1の詳細はこちら

コース

2

奈良大和路の主要な石仏を巡るルート

慈しみ深き石仏の姿を求めて

洗練された静けさを携える木造の仏像も魅力的ですが、
石仏は巨大なものや素朴なものが多く、木造とは異なる独特のオーラを放っています。
都が置かれ、長く歴史や文化の中心地であった奈良大和路は、古い石仏の宝庫です。

コース2の詳細はこちら

コース

3

県南部の社寺と温泉を巡るルート

秘境の社寺と湯あみの幸せ

奈良県南部は、山岳信仰の中心地である大峯山をはじめ、
美しい自然をたたえた山岳でそのほとんどが占められています。
色濃く残る歴史ロマンの香りと秘境の雰囲気に満ちた地で、身も心もゆったりと休めましょう。

コース3の詳細はこちら

コース

4

広大な神徳と、自然の恩恵を受けるルート

神秘の力が宿るエネルギースポットへ

神話の主な舞台でもある奈良は、まさに神秘の力が宿る地です。
神々による広大無辺な御神徳をいただく。
美しさと神秘が生きる自然に生命力を授かり、心身をリフレッシュする。
あなたも運気を上げる旅に出かけてみませんか。

コース4の詳細はこちら

コース

5

風景と眺望が楽しめる社寺を巡るルート

眺め美しき絶景の社寺を訪ねる

奈良の最大の魅力といえば、歴史と自然の調和。
昔の人々が立った同じ場所から同じ情景を、
また、それらの時代とは少しだけ異なった風物を見つめ、
悠久の歴史と時の移ろいに思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

コース5の詳細はこちら

コース

6

風情豊かなまち並みと、歴史が薫る社寺を巡るルート

歴史が息づく町で、時間旅行を愉しむ

古来、人々に親しまれ、地域の歴史や文化を今に伝える社寺。
土地の風土や自然、暮らしぶりなどを色濃く残すまち並み。
社寺を中心としたまち並みは、日本だけでなく、世界的にも価値のある貴重な財産だといえます。
その中で歴史の重みを噛みしめれば、あたかも時間を遡ったような感覚になるでしょう。

コース6の詳細はこちら

コース

7

天誅組ゆかりの社寺を巡るルート

維新の魁、天誅義士の足跡を辿る

天誅組の変は、尊王攘夷派の浪士集団天誅組が
公家の中山忠光を首領に立てて蜂起した幕末期の事件です。
五條の代官所を襲撃してから東吉野で壊滅するまで、
幕藩体制に武力で立ち向かい、幕府の権威を揺るがせました。

コース7の詳細はこちら

コース

8

中将姫ゆかりの社寺を巡るルート

中将姫の面影を訪ねて

中将姫は右大臣の藤原豊成の娘。
美しく聡明な子でしたが、幼くして母を亡くします。
継母から虐待されるなど、諸事あって當麻寺の尼僧となります。
数々の伝説に彩られ、その生涯は謡曲や説話などの題材になりました。

コース8の詳細はこちら

コース

9

スポット紹介(1) 聖徳太子ゆかりの社寺

聖徳太子が斑鳩宮から飛鳥京に通った「太子道」。
その道沿いは、太子ゆかりの社寺が豊富です。
また、太子が名づけた「信貴山」には伝説が残っています。
これらのスポットを巡り、在りし日の聖徳太子に思いを馳せてみませんか。

コース9の詳細はこちら

コース

10

スポット紹介(2) 廃寺の悲哀を辿り、往時を偲ぶ

廃仏毀釈や天災、人災……。
何らかの理由によって、栄えていた寺が消えてなくなる。
そうした廃寺には悲哀と寂寥感が漂っています。
かつて隆盛を誇った大寺や、貴重な歴史を伝える遺跡をめぐり、往時を偲んでみませんか。

コース10の詳細はこちら
  • 奈良へのアクセス|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット
  • 歩く・なら~歩く楽しさが見つかる!奈良県のウォーキングポータルサイト!!~
  • 祈りの回廊デジタルパンフレット