巡る奈良

コース

2

day1

吉野・天川・十津川[1泊2日]

2014年で世界遺産10周年!山岳霊場の旅(1日目)

役行者(えんのぎょうじゃ)が開基した修験道(しゅげんどう)の聖地、吉野・大峯。
2014年には、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産登録10周年に。
世に名高い桜の名所、吉野は、時の天下人・豊臣秀吉をはじめ、
歌人の西行や松尾芭蕉、江戸時代の国学者・本居宣長など、
時代を超えて多くの人々を魅了してきました。歴史人も愛した、神秘の山岳霊場の旅へ。

1日目【吉野】

  1. 10:00

    金峯山寺

    車約1分(徒歩約8分)

  2. 11:00

    吉水神社

    車約3分(徒歩約10分)

  3. 13:00

    櫻本坊

    車約5分(徒歩約20分)

  4. 14:00

    如意輪寺

    徒歩すぐ

  5. 14:40

    後醍醐天皇陵

    車約12分(徒歩約50分)

  6. 15:20

    吉野水分神社

    車約5分(徒歩約24分)

  7. 16:00

    金峯神社

2日目【天川・十津川】

  1. 6:45

    天河大辯財天社

    車約1時間

  2. 9:00

    龍泉寺

    車ですぐ(徒歩約4分)

  3. 10:00

    面不動鍾乳洞

    車約14分

  4. 13:00

    みたらい渓谷

    車約14分

  5. 14:20

    栃尾観音堂

1日目

1

古来より続く修験道の根本道場

金峯山寺きんぷせんじ

蔵王権現三体像。向かって右尊千手観音菩薩、中尊釈迦如来、左尊弥勒菩薩の権現(写真/金峯山寺)

修験道の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)が開いた金峯山修験本宗の総本山。大峯山山上ヶ岳で役行者が、本尊の蔵王権現を感得され、山桜の木に刻んで祭祀したのが寺の始まりとされています。以来、桜をご神木とし、修験者や信者らによって吉野山に植えられてきました。本堂・蔵王堂には、高さ約7mの本尊で秘仏の蔵王権現三体が安置されています。

詳細はこちら

DATA

  • 吉野郡吉野町吉野山2498
  • 0746-32-8371
  • 08:30~16:30 (受付は16:00まで)
  • ●蔵王堂拝観料(※ご開帳期間は別料金)
    大人・大学生…500円
    高校生・中学生…400円
    小学生…300円

    団体割引(30名以上)
    大人・大学生…450円
    高校生・中学生…360円
    小学生…270円
  • 無料
  • 最寄り駅からの交通
       近鉄 吉野駅下車 ロープウェイ山上駅より 徒歩10分

蔵王権現三体像。向かって右尊千手観音菩薩、中尊釈迦如来、左尊弥勒菩薩の権現(写真/金峯山寺)

今後の行事・秘宝秘仏

金峯山寺愛染堂大祭
11月27日(13:00~14:00)

  • 蔵王堂は高さ34m、四方36m。木造建築として東大寺大仏殿に次ぐ大きさを誇る

    蔵王堂は高さ34m、四方36m。木造建築として東大寺大仏殿に次ぐ大きさを誇る

歴史の豆知識

役行者は、634年大和国葛城上郡茅原(現・御所市茅原)生まれの呪術者。本名は役小角(えんのおづぬ)。修験道の開祖であり、『続日本紀』に数々の伝承が残る。脇待として前鬼、後鬼の2匹の鬼を従えている。

車約1分(徒歩約8分)

2

秀吉が花見をした南朝の元宮

吉水神社よしみずじんじゃ

後醍醐天皇玉座。後年秀吉が修理した

もとは修験宗の格式高い僧坊「吉水院」でしたが、明治時代の神仏分離令で神社に。吉野山の上千本、中千本の桜が望める「一目千本」の絶景が楽しめ、文禄3年(1594)には、豊臣秀吉が総勢5000人を引き連れて開いた花見の本陣だったと伝わります。また後醍醐天皇の行宮であり、源義経が身を隠したことでも知られます。2004年世界遺産に登録。

詳細はこちら

DATA

  • 吉野郡吉野町吉野山579
  • 07463-2-3024
  • 09:00~17:00
  • 無し
  • ●書院拝観料
    大人・大学生…400円
    高校生・中学生…300円
    小学生…200円

    団体割引(20名以上)
    1割引き
  • 無料
  • 最寄り駅からの交通
      近鉄 吉野駅よりロープウェイ山上(吉野山駅)から 徒歩約15分

後醍醐天皇玉座。後年秀吉が修理した

  • 鎌倉時代に建てられた書院は初期の書院造の傑作

    鎌倉時代に建てられた書院は初期の書院造の傑作

  • 秀吉の花見の様子を描いた「吉野花見図」(複製)

    秀吉の花見の様子を描いた「吉野花見図」(複製)

  • 源義経の色々威腹巻(いろいろおどしはらまき)

    源義経の色々威腹巻(いろいろおどしはらまき)

歴史の豆知識

花見のため、前田利家や伊達政宗、徳川家康ら家臣を連れて吉野入りした豊臣秀吉。入山後3日間雨が降り続いたことに腹を立て、吉野山に火をつけて下山すると言い出した。あわてた吉野全山の僧侶たちが晴天祈願をしたところ晴れ上がり、5日間にわたる盛大な大花見の会が行われた。

 

 

コラム:吉野山の桜

桜の名所・吉野は、桜のふるさとでもあります。全国的に多い桜の品種はソメイヨシノですが、吉野山の多くはシロヤマザクラなどの山桜で、現在約3万本が群生しています。ソメイヨシノは花が咲いた後に葉が開きますが、山桜は葉が出てから花が咲くので、葉と花が同時に開いている状態が満開です。さらに1本1本花の色の濃淡が違うので、遠くから見ると美しいグラデーションを形成します。この山桜が咲き誇る眺めこそ、日本人が昔から愛でてきた桜景色です。

車約3分(徒歩約10分)

3

良い知らせを告げる夢見の桜

櫻本坊さくらもとぼう

「天武天皇の夢見の桜」と伝わる、しだれ桜(写真/櫻本坊)

皇位継承のもつれで吉野へ逃れてきた大海人皇子は、冬だというのに雪の中1本の桜が満開に咲く夢を観ました。翌朝、夢判断を命じたところ「皇位につけるよい知らせ」とのこと。翌年壬申の乱に勝利し天武天皇に。喜ばれた天皇が、桜の下に寺を建立したと伝わります。境内には伝承の桜の古木「天武天皇の夢見の桜」が今も残ります。

詳細はこちら

DATA

  • 吉野郡吉野町吉野山1269
  • 0746-32-5011
  • 08:30~16:00
  • 不定休
  • 大人 400円(小学生以下無料)
    但し、特別ご開帳中は600円
  • 有り
  • ・近鉄吉野駅からロープウェイ「吉野山」乗換、
     吉野大峯ケーブルバス「竹林院前」下車すぐ(バス本数少ない)

    ・近鉄吉野神宮駅(吉野駅のひとつ手前の駅)からタクシー約15分

「天武天皇の夢見の桜」と伝わる、しだれ桜(写真/櫻本坊)

  • 本尊の役行者神変大菩薩

    本尊の役行者神変大菩薩

  • 珍しいピンク色の仁王像が山門を守る

    珍しいピンク色の仁王像が山門を守る

車約5分(徒歩約20分)

4

南朝の哀史を伝える勅願寺院

如意輪寺にょいりんじ

軍記物語『太平記』にある父・正成との「桜井の別れ」の一場面

吉野山の中千本にある後醍醐天皇の勅願寺院。楠木正成の長男の正行(まさつら)が四條畷の戦に際し、最後の戦いとの覚悟のうえ刻んだ辞世の歌が、本堂・如意輪堂の扉に残されています。また宝物殿には、後醍醐天皇の念持仏といわれる木造の蔵王権現像を安置。躍動的なお姿に、截金(きりかね)や彩色が施され、国の重要文化財に指定されています。

詳細はこちら

DATA

  • 吉野郡吉野町吉野山1024
  • 0746-32-3008
  • 09:00 ~ 16:00
  • 個人
    大人・大学生…400円
    高校生・中学生…200円
    小学生…100円

    団体(20名以上)
    大人・大学生…360円
    高校生・中学生…180円
    小学生…90円

    団体(50名以上)
    大人・大学生…320円
    高校生・中学生…160円
    小学生…80円

    団体(100名以上)
    大人・大学生…280円
    高校生・中学生…140円
    小学生…70円
     
  • 有り(バス 3,000円、乗用車 1,000円/4月のみ)
    他交通環境対策 協力金別途必要
  • 最寄り駅からの交通
      近鉄 吉野駅 ロープウェイ山上駅下車
      吉野大峯ケーブルバス「如意輪寺前」下車 徒歩約15分

軍記物語『太平記』にある父・正成との「桜井の別れ」の一場面

今後の行事・秘宝秘仏

難切不動尊大祭
11月28日(火)

  • 金剛蔵王権現立像(写真/如意輪寺)

    金剛蔵王権現立像(写真/如意輪寺)

  • 正行が辞世の歌を刻んだ本堂

    正行が辞世の歌を刻んだ本堂

徒歩すぐ

5

南朝初代天皇が眠る北向きの陵墓

後醍醐天皇陵ごだいごてんのうりょう

すぐ横には後醍醐天皇の孫、世泰親王墓の陵墓もある

幽閉されていた京都花山院から吉野に逃れ、吉野行宮を設けた後醍醐天皇。如意輪寺の裏山、塔の尾に埋葬されたことから「塔尾陵」とも称されています。天皇が病床で詠んだ歌「身はたとへ南山の苔に埋むるとも魂魄(こんぱく)は常に北闕(ほっけつ)の天を望まん」に込められた京都への思いを表すため、天皇家の陵墓としては唯一北を向いており、「北面の御陵」としても知られています。

DATA

  • 吉野郡吉野町吉野山
  • なし
  • 近鉄吉野駅から徒歩約35分(タクシー利用約10分)

すぐ横には後醍醐天皇の孫、世泰親王墓の陵墓もある

車約12分(徒歩約50分)

6

宣長が信心した子授けの神

吉野水分神社よしのみくまりじんじゃ

豊臣秀頼の再建した本殿は国の重要文化財

「水を配る」天乃水分神(あまのみくまりのかみ)を祀る、大和の国の四大水分の一つ。平安時代の頃から「御子守(みこもり)」「子守宮(こもりみや)」と呼ばれ、子授け、安産の神様として信仰を集めてきました。本居宣長の父親も、ここで祈願したことから宣長を授かったといい、宣長自身「水分神社の申し子」として、3度訪れています。

詳細はこちら

DATA

  • 吉野郡吉野町吉野山1612
  • 0746-32-3012
  • 8:00~16:00(4月のみ8:00~17:00)
  • 無休
  • 無料
  • 無し
  • 最寄り駅からの交通
      近鉄 吉野駅 ロープウェイ吉野山駅下車 徒歩1時間

豊臣秀頼の再建した本殿は国の重要文化財

車約5分(徒歩約24分)

7

金鉱の神を祀る修験道の行場

金峯神社きんぷじんじゃ

藤原道長も祈願したという歴史ある古社(写真/吉野山観光協会)

平安時代、このあたりには金鉱脈があると信じられ、神社から大峯山一帯を「金峯(きんぷ)」と称していました。神社には、金鉱の守護神・金山彦命(かなやまひこのみこと)を祀っています。境内から坂道を下ると、「義経隠れ塔」が。文治元年(1185)、源義経と弁慶らが追っ手から逃れるために隠れた場所とされ、ここから奥州へ逃げたと伝わります。

詳細はこちら

DATA

  • 吉野郡吉野町吉野山1651
  • 080-2506-1741
  • 無休
  • 義経隠れ塔 300円(要予約)
  • 無し
  • 最寄り駅からの交通
      近鉄 吉野駅
         ロープウェイ「吉野山駅」下車、
         バスに乗り換え「奥千本口」下車 徒歩15分

藤原道長も祈願したという歴史ある古社(写真/吉野山観光協会)

  • 義経隠れ塔。屋根を蹴破って外へ出たという(写真/吉野山観光協会)

    義経隠れ塔。屋根を蹴破って外へ出たという(写真/吉野山観光協会)

立ち寄りスポット

西行庵さいぎょうあん

『新古今和歌集』の代表的な歌人の1人である西行。「春といへば誰も吉野の花をおもふ 心にふかきゆゑやあるらん」(春といえばまず吉野の桜を思うはず。その気持ちに深い理由などあるだろうか)と詠うほど、吉野を愛し、吉野の桜に魅了されていました。そして、俗世間を避けて3年間、この地に幽居したといわれています。また、「とくとくと落つる岩間の苔清水汲みほすまでもなきすみかかな」と詠んだ「苔清水」が近くにあり、西行を慕って松尾芭蕉もここを訪れました。

詳細はこちら
  • 吉野郡 吉野町吉野山
  • 無し
  • 最寄り駅からの交通
      近鉄 吉野駅 ロープウェイ「吉野山駅」下車
         奥千本口行バスで終点まで 徒歩25分

やっこやっこ

大正元年創業の柿の葉寿司専門店。柿の葉寿司は、古くから吉野地方で伝えられる郷土料理。良質な鯖を塩で締め、粘り気のある無農薬の米を使用し、一つひとつ手作り。きつねうどんが付く寿司セット1300円。季節限定メニューも。

詳細はこちら
  • 吉野郡吉野町吉野山543
  • 0746-32-3117
  • 9:00~17:00
  • 水曜(4月・11月除く)
  • 普通車2台(無料)
  • 近鉄吉野駅からロープウェイ山上駅下車 徒歩約10分

葛の元祖 八十吉くずのがんそ やそきち

嘉永4年(1851)創業の吉野葛の店。人気の吉野天人(抹茶付)1000円は、注文を受けてから作る純度100%の吉野本葛の葛きりに、作りたての葛生菓子がセット。口当たりの良い葛きりは、黒糖から炊くコクのある黒蜜につけて。

  • 吉野郡吉野町吉野山
  • 0746-32-8739
  • 10:00~17:00
  • 水曜
  • あり
  • 近鉄吉野駅からロープウェイ吉野山駅下車、
    徒歩約20分

横矢芳泉堂よこやほうせんどう

先代から受け継ぐ技法で吉野葛の干菓子を製造販売。桜などの木型で型をとった葛菓子はどれも可愛く、色もさまざま。木型は30種類以上あり、昭和初期のものも活躍。夢見の桜550円~。ショウガや抹茶などの葛湯1個120円。

  • 吉野郡吉野町吉野山2396
  • 0746-32-3108
  • 8:00~19:00(冬期は~18:00)
  • 不定休
  • あり
  • 近鉄吉野駅からロープウェイ吉野山駅下車、
    徒歩約20分

「ロマンの歴史旅」のモデルコース

※記載の情報は2014年2月現在のものです。諸般の事情により内容等に変更のある場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • MAPはこちら
  • 2日目はこちら