巡る奈良

コース

3

day1

斑鳩・室生・當麻・奈良[1泊2日]

すべて国宝!美塔・名塔の旅(1日目)

お寺の塔は、お釈迦様の遺骨(仏舎利/ぶっしゃり)を納める場所として造られた建物です。
高く建てられているのは、遠くからでも拝むことができるように。
仏教の伝来の地・奈良には、世界に誇る国宝名塔がたくさんあります。
日本建築の真骨頂である「木の文化」とその歴史を感じる旅へ。

1日目【斑鳩・室生】

  1. 10:00

    法隆寺「五重塔」

    徒歩約30分

  2. 11:30

    法起寺「三重塔」

    バス+電車徒歩約2時間

  3. 15:15

    室生寺「五重塔」

2日目【當麻・奈良】

1日目

1

わが国を代表する最古の塔

法隆寺「五重塔」ほうりゅうじ

高さ32.56m。日本三名塔の一つとされる(写真/飛鳥園)

日本で初めてユネスコの世界遺産に登録された、法隆寺木造建築群の一つ。現存する木造五重塔としては世界最古です。最上部の五重目の軸部は、初重の軸部の半分の大きさで、この逓減率(※)が安定感と美しさにつながっています。最下層の内陣には、奈良時代初めに造られた塑造の群像が安置されており、国宝に指定されています。
※逓減率(ていげんりつ)
初重に対する五重の軸部の幅の割合のこと。

詳細はこちら

DATA

  • 生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
  • 0745-75-2555
  • 8:00~17:00 ※11月4日~2月21日は16:30まで
  • 個人
    大人(中学生以上)…1,500円
    小学生…750円

    団体割引(30名以上)
    大人…1,200円
    大学生・高校生…1,050円
    中学生…900円
    小学生…600円

    障害者割引
    [個人]

    大人(中学生以上)…750円
    小学生…370円

    [30名以上]
    大人…600円
    大学生・高校生…520円
    中学生…450円
    小学生…300円

    ※介添え者は下記の通り同額になります。
    障害者1名につき1名
    車椅子1台につき2名
  • 町営(普通車 500円、大型バス 2,800円)
  • 最寄り駅からの交通
      JR 法隆寺駅
        法隆寺行バス「法隆寺門前」下車すぐ

      近鉄 筒井駅
        王寺行バス「法隆寺前」下車 徒歩5分

【バリアフリー情報】
 スロープ:各所有
 多目的トイレ:大宝蔵院出口近くに1ヶ所
 車椅子の貸出:8台有(貸出場所:寺務所2台+西院伽藍入口6台)

高さ32.56m。日本三名塔の一つとされる(写真/飛鳥園)

今後の行事・秘宝秘仏

お身拭い
12月8日(10:00~)

  • 初層の屋根を支える邪鬼(写真/飛鳥園)

    初層の屋根を支える邪鬼(写真/飛鳥園)

  • 卍崩しの高欄など細やかな造形(写真/飛鳥園)

    卍崩しの高欄など細やかな造形(写真/飛鳥園)

徒歩約30分

2

コスモスが彩る荘重な塔

法起寺「三重塔」ほうきじ

高さ24m。秋にはコスモス越しに塔を見ることができる(写真/EditZ)

706年頃に建立された日本最古の三重塔。法隆寺五重塔、法輪寺三重塔とともに斑鳩三塔の一つに数えられ、世界遺産に登録されています。初層・二層・三層の大きさが、法隆寺五重塔の初層・三層・五層とほぼ同じであるほか、飛鳥時代の様式である、柱の胴張り(エンタシス)や卍崩しの高欄(まんじくずしのこうらん)など、法隆寺五重塔との共通点が多く見られます。

詳細はこちら

DATA

  • 生駒郡斑鳩町岡本1873
  • 0745-75-5559
  • 08:30~17:00
    (11月4日~2月21日は16:30まで)
  • なし
  • 個人
    大人(中学生以上)…300円
    小学生…200円

    団体割引(30名以上)
    大人…250円
    大学生・高校生…200円
    中学生…150円
    小学生…100円

    障害者割引(本人のみ)
    大人(中学生以上)…150円
    小学生…100円
  • なし
  • 最寄り駅からの交通
      近鉄 郡山駅
        法起寺経由法隆寺前行バス「法起寺」下車 すぐ
      JR・近鉄 王寺駅
        奈良行バス「法起寺口」下車 徒歩10分

高さ24m。秋にはコスモス越しに塔を見ることができる(写真/EditZ)

今後の行事・秘宝秘仏

法起寺 会式
4月1日

花情報

コスモス
10月上旬~中旬

バス+電車徒歩約2時間

3

女人高野として知られる山寺の美塔

室生寺「五重塔」むろうじ

高さ16.1m。800年頃の建立。檜皮葺の屋根や丹塗りの組物(写真/飛鳥園)。

屋外にある木造五重塔としては、法隆寺に次ぐわが国2番目の古塔。国宝・重要文化財に指定される屋外の木造五重塔のなかで最も小さい。初重から五重目への逓減率が低く、初重と五重目の屋根の大きさにほとんど差がありません。屋根の上には水煙ではなく、宝瓶(ほうびょう)の上に八角形の宝蓋(ほうがい/※)を乗せた独特の形状が見られます。

詳細はこちら

DATA

  • 宇陀市室生78
  • 0745-93-2003
  • 8:30~17:00
    ※12月1日~3月31日は9:00~16:00まで
  • 個人
    大人(中学生以上)…600円
    小学生…400円

    団体割引(30名以上)
    大人(中学生以上)…500円
    小学生…300円

    障がい者割引(手長持参)
    大人(中学生以上)…400円
    小学生…300円
    介添え者1名…400円

    ※「重文 弥勒堂」は全面改修工事により、下記の期間は参拝できません。
      2017年7月20日~2019年3月末(予定)

     
  • 普通車100台、大型バス10台(有料)
  • 最寄り駅からの交通
       近鉄 室生口大野駅より
       室生寺行バス「室生寺」下車 徒歩5分

【バリアフリー情報】
 スロープ:受付前、受付横トイレ
 多目的トイレ:受付横トイレ(1ヶ所)
 車椅子の貸出:無

高さ16.1m。800年頃の建立。檜皮葺の屋根や丹塗りの組物(写真/飛鳥園)。

花情報

石楠花
4月中旬~5月中旬

歴史の豆知識

写真家・土門拳は、「雪の室生寺」を撮影するため、室生寺門前の老舗旅館「橋本屋」に逗留。雪が降るのを待ち続け、ついに雪の積もった朝、初代女将が土門を起こして、手を握って泣いて喜んだというエピソードが残る。

立ち寄りスポット

北小路きたこみち

自家栽培の米や野菜を使った家庭料理が人気の食事処。小鉢3品に、味噌汁、香の物、ご飯が付く小路定食は650円。時には旬の魚料理も登場。30年前の開店当時から変わらない価格もうれしい。手作りの味わいは素朴であったかく常連も多い。

  • 生駒郡斑鳩町法隆寺北2-6-2
  • 0745-75-4060
  • 11:30~16:00
  • 不定休
  • JR法隆寺駅から法隆寺門前行きバス約4分、
    「中宮寺前」下車、徒歩約10分

奈良祥楽ならしょうがく

地元奈良の菓子卸会社が営む、地域密着の菓子店。数多い商品のなかでも、塔巡りのお土産におすすめなのが五重塔バウム1080円。奈良県産の大和茶を練り込んだ生地は、上品な甘さとお茶の風味がふわりと香る。

  • 生駒郡斑鳩町興留7-4-12
  • 0745-74-2800
  • 9:00~19:00
  • 木曜
  • R法隆寺駅から徒歩すぐ

橋本屋はしもとや

室生寺門前に位置し、写真家・土門拳が逗留したことでも知られる旅館。食事だけの利用もでき、地元で採れる山菜やとろろ芋を使った山菜料理が味わえる。室生川を望みながらゆっくりと、滋味深い味に舌鼓を。2000円(税別)~。

詳細はこちら
  • 宇陀市室生800
  • 0745-93-2056
  • 11:00~17:00
  • 不定休
  • 普通車50台(無料)
  • 近鉄室生口大野駅からバス室生寺下車 徒歩約4分

「ロマンの歴史旅」のモデルコース

※記載の情報は2014年2月現在のものです。諸般の事情により内容等に変更のある場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • MAPはこちら
  • 2日目はこちら