巡る奈良

コース

4

day1

北和・中和・南和[2泊3日]

2015年は高野山開創1200年 空海を育んだ奈良の旅(1日目)

2015年は、弘法大師・空海が高野山を開創して1200年の記念の年。
官僚を目指し学問の道を歩んだ空海ですが、
一人の沙門(しゃもん)との出会いにより、仏教に目覚め、
唐で学んだ密教を世に広めました。
仏教へ導き、研鑽と修行を重ねた地、奈良は、空海のターニングポイントとなった場所。
さまざまなエピソードが残る、空海ゆかりの地へ。

1日目【北和】

  1. 10:00

    東大寺真言院

    徒歩約15分

  2. 10:45

    空海寺

    徒歩約20分

  3. 11:30

    興福寺

    徒歩約10分

  4. 13:30

    元興寺

    徒歩約5分

  5. 14:30

    十輪院

    徒歩約28分

  6. 15:30

    大安寺

2日目【中和】

  1. 9:00

    長岳寺

    車約25分

  2. 10:10

    秦楽寺

    車約25分

  3. 11:00

    真言宗山本大師惠泉寺

    車約12分

  4. 11:30

    久米寺

    車約4分

  5. 13:00

    益田池堤跡

    車約15分

  6. 13:40

    岡寺

    車約53分

  7. 15:30

    室生寺

3日目【南和】

  1. 9:00

    轉法輪寺

    車約30分

  2. 10:30

    常覺寺

    車約43分

  3. 13:15

    天河大辨財天社

    車約54分

  4. 14:50

    野川弁財天

    車約34分

  5. 15:45

    荒神社

1日目

1

空海の教えを今も受け継ぐ大寺

東大寺真言院とうだいじしんごんいん

境内には大師堂があり、毎年4月21日には空海の御影供が行われる

東大寺の戒壇院で授戒してから唐へ渡った空海は、帰朝後、弘仁元年(810)に東大寺別当となり、弘仁13年(822)には国家鎮護を願って、真言院の前身ともいえる灌頂道場を創建しました。今も東大寺で毎日あげられる経の中には、密教経典の一つである「理趣経」もあり、空海のもたらした教えは現代にも受け継がれています。

DATA

  • 奈良市雑司町406-1-1
  • 境内自由(東大寺)※真言院は拝観不可
  • JR・近鉄奈良駅から市内循環バス約4~8分、
    「大仏殿春日大社前」下車、徒歩約5分

境内には大師堂があり、毎年4月21日には空海の御影供が行われる

徒歩約15分

2

帰朝後に営んだ草庵

空海寺くうかいじ

正倉院から100mほど北にある。東大寺の末寺

唐から帰朝した空海が草庵を建て、「阿那地蔵尊」を石に刻んで石窟に安置したのが始まりと伝わります。本尊は「穴地蔵」と呼ばれ、一般には公開されていない秘仏。左右に聖徳太子、不動明王を配し、石の厨子である「石龕(せきがん)」に安置されています。また境内には、元は矢田寺の矢田地蔵と呼ばれる室生時代後期の地蔵十王石仏があります。

DATA

  • 奈良市雑司町167
  • 0742-22-2096
  • 9:00〜16:00
  • 拝観無料
  • JR・近鉄奈良駅から青山住宅・州見台八丁目行きバス
    約5~10分、「手貝町」下車、徒歩約5分

正倉院から100mほど北にある。東大寺の末寺

徒歩約20分

3

空海が設計を助言した南円堂

興福寺こうふくじ

現在の南円堂は寛政元年(1789)頃に再建されたもの

弘仁4年(813)、藤原冬嗣が父内麻呂の冥福を祈って、南円堂の建立を発願。その手助けをしたのが空海と伝わります。空海は工事が無事に終わるように天河大辨財天社に参籠し、そのときに感得した宇賀弁財天を、窪弁財天として勧請したと伝えられています。また南円堂の設計を助言。空海が手がけた初めての密教思想を具象化したお堂といわれています。

詳細はこちら

DATA

  • 奈良市登大路町48
  • 0742-22-7755
  • 09:00~17:00 ※入館は16:45まで
  • 国宝館は耐震工事のため休館しています。
    国宝館ショップも同期間は休業中。
    2017年1月1日~12月31日
  • 東金堂 拝観料
     個人団体(30名以上)身障者
    大人(一般・大学生)300円250円150円
    学生(中学・高校生)200円150円100円
    小人(小学生)100円90円50円

    東金堂・仮講堂 連帯共通券(拝観料)
     個人・団体
    大人(一般・大学生)900円
    学生(中学・高校生)600円
    小人(小学生)250円

    国宝館 拝観料
    ※国宝館は耐震工事の為、現在休館中です(2017年12月31日まで)
     個人団体
    (30名以上)
    身障者
    大人(一般・大学生)600円500円300円
    学生(中学・高校生)500円400円250円
    小人(小学生)200円150円100円

     
  • 有り(普通車46台、バス16台)
    普通車1,000円
    バス2,500円
    マイクロバス2,500円
    タクシー500円
    回送(乗降のみ)1,000円

  • 最寄り駅からの交通
      JR 奈良駅 市内循環バス「県庁前」下車すぐ
      近鉄 奈良駅 徒歩5分

【バリアフリー情報】
 スロープ:国宝館 有
 多目的トイレ:南大門付近、国宝館内
 車椅子の貸出:1台有(貸出場所:国宝館※使用も国宝館のみ)
 障害者用駐車場が国宝館スロープ付近に有

 

現在の南円堂は寛政元年(1789)頃に再建されたもの

今後の行事・秘宝秘仏

塔影能
10月7日(17:30~)

徒歩約10分

4

奈良県最古の弘法大師坐像を安置

元興寺がんごうじ

大師信仰が盛んだったとされる

延歴23年(804)、空海は元興寺の僧、泰信律師によって東大寺戒壇院で、具足戒を授戒しました。国宝の禅室は、空海が得度するために学修した官大寺僧坊の遺構です。弘法大師坐像(重文)は、鎌倉期の450年遠忌を記念して造られたとみられ、奈良県の中で一番古い尊像。早い段階から弘法大師信仰があったことをうかがわせる重要な尊像です。

詳細はこちら

DATA

  • 奈良市中院町11
  • 0742-23-1377
  • 09:00~17:00 (入館締切16:30)
    ※8月23日・24日の地蔵会の日は9:00~21:00
     
  • ●拝観料
    ・大人…500円
    ・大学生…500円
    ・高校生…300円
    ・中学生…300円
    ・小学生…100円

    ※大人・大学生は団体割引があります(20名以上)
    ・大人…500円→400円
    ・大学生…500円→400円

    ●秋季特別展期間は大人・大学生の拝観料が変更になります。
    ・大人…500円→600円
    ・大学生…500円→600円

    ※団体割引(20名以上)
    ・大人…600円→540円
    ・大学生…600円→540円

    ※身障者はそれぞれ半額になります
    ※2月3日の節分会、8月23日・24日の地蔵会の日は拝観料無料となります。
  • 乗用車12台(拝観時間内 無料)
    大型バス2台(予約必要)
  • 最寄り駅からの交通
      JR 奈良駅 徒歩約20分
      近鉄 奈良駅 徒歩約12分

大師信仰が盛んだったとされる

今後の行事・秘宝秘仏

秋季特別展「文化財の仕事 仕事一筋 半世紀」
10月21日~11月12日

花情報

桔梗
7月上旬~8月上旬

  • 弘法大師坐像(元興寺文化財研究所蔵)

    弘法大師坐像(元興寺文化財研究所蔵)

歴史の豆知識

元興寺の僧・中璟(ちゅうけい)が戒を破った際、空海は中璟の許しを乞う文書を朝廷に上奏したという逸話が残る。空海と中璟、そして元興寺との緊密な関係性が伺える。

徒歩約5分

5

空海作のめずらしい石の厨子

十輪院じゅうりんいん

国宝の本堂

元正天皇の勅願寺で、奈良時代の右大臣吉備真備(きびのまきび)の長男、朝野宿禰魚養(あさのすくねなかい)の開基。朝野宿禰魚養は能書(書道の名人)とされ、空海の書の師と伝わります。本尊の石仏龕(せきぶつがん)(重文)は、平安時代初期に空海によって造られたと言われ、中央に本尊地蔵菩薩、左右には釈迦如来、弥勒菩薩を浮き彫りで表しています。

詳細はこちら

DATA

  • 奈良市十輪院町27
  • 0742-26-6635
  • 09:00~16:30
  • 月曜(祝日なら火曜)
    12月28日~1月5日、1月27日~1月28日、8月16日~8月31日
  • 料金適用大人大学高校中学小学
    個人400400400300200
    44人以上350350350250150
  • 普通車10台
  • 最寄り駅からの交通
       JR・近鉄 奈良駅
       天理駅・桜井駅行バス8分「福智院町」下車 徒歩3分

国宝の本堂

歴史の豆知識

嵯峨天皇、橘逸勢(たちばなのはやなり)とともに三筆の一人に数えられる空海。書の名人にあっても間違えることがあるという意味の「弘法にも筆の誤り」や、道を極めた者なら道具の善し悪しは関係ないという意味の「弘法筆を選ばず」など、能書家・空海にちなんだことわざも。

徒歩約28分

6

空海の師、勤操ゆかりの寺院

大安寺だいあんじ

がん封じの祈祷が日々行われている

空海が仏門に入るきっかけとなった「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」を授けたのが大安寺の僧、勤操(ごんぞう)と伝えられます。勤操は和泉の槇尾山で空海を剃髪。また空海が唐への留学僧として抜擢されたのも、勤操の力によるところが大きいといわれています。唐から帰朝した空海は天長6年(829)、大安寺別当に任命されました。

詳細はこちら

DATA

  • 奈良市大安寺2-18-1
  • 0742-61-6312
  • 09:00~17:00(受付は16:00まで)
  • 年中無休 ※但し12月31日は迎春準備のため休み
  • ●通常拝観(本堂・収蔵庫)
    ・大人…400円
    ・大学生…400円
    ・高校生…300円
    ・中学生…200円
    ・小学生以下…100円

    ●秘仏特別拝観期(馬頭観音:3月、十一面観音:10月~11月)
    ・大人…500円
    ・大学生…500円
    ・高校生…400円
    ・中学生…300円
    ・小学生以下…200円


    ※団体割引(30名以上)
    ・それぞれ10%引き
    ・寺僧が御案内と法話をさせて頂きます。
    ※障害者割引(手帳提示)
    ・それぞれ10%引き
    ※境内拝観は自由となっております。
  • 無料
  • 最寄り駅からの交通
       JR・近鉄 奈良駅より
       大安寺行き・シャープ前行き・白土町行きバス「大安寺」下車 徒歩約8分

【バリアフリー情報】
 スロープ:門に有り
 多目的トイレ:無
 車椅子の貸出:無

がん封じの祈祷が日々行われている

今後の行事・秘宝秘仏

本尊・十一面観音菩薩立像
10月1日~11月30日(09:00~17:00 ※受付は~16:00)

  • 空海が「大安寺は是れ兜卒の構、祇園精舎の業なり」と言うほどかつては壮麗だった

    空海が「大安寺は是れ兜卒の構、祇園精舎の業なり」と言うほどかつては壮麗だった

立ち寄りスポット

宝山寺ほうざんじ

655年、役行者が生駒山に梵文般若心経を納めたと伝わる「般若屈」を拠点に始まった修験道場。若き日の空海も修行し、本堂には宝山寺ができる前に空海が書いた「寳山寺」の額が残ります。奥の院には弘法大師を祀る大師堂もあります。

詳細はこちら
  • 生駒市門前町1-1
  • 0743-73-2006
  • 無料
  • 2ヵ所有り(無料)
    50台、250台
  • 最寄り駅からの交通
      近鉄 生駒駅
        ケーブル宝山寺駅下車 徒歩10分

【バリアフリー情報】
 スロープ:無
 多目的トイレ:第1駐車場に有
 車椅子の貸出:無

海龍王寺かいりゅうおうじ

遣唐使の航海安全を祈願した古刹。空海も唐へ渡る前、航海の無事を祈願して千日間、参籠をして般若心経千巻を写経し、納経しています。寺には、空海筆の隅寺心経や、毘沙門天画像が残されています。

詳細はこちら
  • 奈良市法華寺北町897
  • 0742-33-5765
  • 09:00~16:30
    特別公開時は09:00~17:00
  • 8月12日~17日、12月24日~31日はお寺の行事のため閉門いたしております。
    悪天候時は、拝観をお休みさせていただくことがございます。
  • 【通常拝観時】大人中高生小学生
    個人500200100
    団体料金(30名以上)45018090
    【特別公開時】大人中高生小学生
    個人600300100
    団体料金(30名以上)55025090
    身障者施設 なし
    身障者割引障害者手帳の提示で無料
    高齢者割引奈良市の老春手帳持参者は、提示で半額
  • 無料(バス2台、普通車12台)
    大型バスは事前連絡要す
  • 最寄り駅からの交通
      JR・近鉄奈良駅
        奈良交通、西大寺・航空自衛隊前行きバス「法華寺前」下車すぐ
      近鉄 大和西大寺駅
        JR奈良駅・白土町行バス10分「法華寺」下車すぐ
      近鉄 新大宮駅 徒歩 約20分

弘仁寺こうにんじ

創建について二説伝わり、その一つに大同2年(807)、空海が高野に向かう途中、虚空蔵山(こくぞうさん)に流星が落ちるのを見て霊山として開基したとあります。奥の院の閼伽井戸は、空海が三鈷杵で掘られたと伝わっています。

詳細はこちら
  • 奈良市虚空蔵町46
  • 0742-62-9303
  • 09:00~16:00
  • 無し
  • 大人(中学生以上)…400円
    小学生以下…無料
  • 普通車30台、大型バス2台
  • 最寄り駅からの交通
       JR・近鉄奈良駅から
       バス「下山町」下車乗り換え、
       コミュニティバス「高樋町」下車 徒歩約5分

「ロマンの歴史旅」のモデルコース

※記載の情報は2014年2月現在のものです。諸般の事情により内容等に変更のある場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • MAPはこちら
  • 2日目はこちら
  • 3日目はこちら