巡る奈良

奈良エリア | 奈良市 | [宝物館]春日大社国宝殿

最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展(春日大社国宝殿)

 

 春日大社では、2019 年 12 月 28 日(土)から 2020 年 3 月 1 日(日)まで、「最古の日本刀の世界 安綱・ 古伯耆展」を開催します。本展では国宝・重要文化財に指定された安綱・古伯耆のほぼすべての作品が、900 年の時空を超えて、春日大社国宝殿に集結する画期的な展覧会となります。また日本刀は正倉院宝物などに みられる直刀-ちょくとう-から、刀工の祖とされる大和国(奈良県)の天国-あまくに-が作ったとされる小烏造( 鋒両刃造-きっさきもろはづくり- )や毛抜形太刀-けぬきがたたち-といわれる様式を経て、平安時代中期から後期にかけて美しい反りをもつ日本刀が成立しました。
 こうした日本刀が成立する過程で安綱は、京都の三条宗近・古備前刀工とならんで、最古級の刀匠とされて いることから、国学院大学所蔵の直刀(6 世紀)から、春日大社が所蔵する鋒両刃造の国宝「黒漆平文飾剣-くろうるしひょうもんかざりたち-」 や国宝「金地螺鈿毛抜形太刀-きんじらでんけぬきがたたち-」、大山祇神社(愛媛県)所蔵の「古神宝太刀」をはじめ、日本刀の発祥の地と される大和、山城、備前の名刀をあわせて展示し、日本刀成立の謎に迫ります。なお、今回展示される作品に は、素晴らしい 拵-こしらえ-(太刀拵)が付いているものが多く、刀身と共に拵(外装)も併せ展示します。また、一説に安 綱は奈良市杣ノ川町の出身で、刀剣に反りをつけた最初の刀工という伝承がのこされています。こうした説話がうまれる背景など、文化的側面からも安綱の謎、魅力にせまる画期的な展示となります。

開催情報

開催名 最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展 
http://www.kasugataisha.or.jp/
開催期間 前期:2019年12月28日~2020年1月26日 後期:2020年2月1日~3月1日
開催場所 春日大社国宝殿
お問合わせ 0742-22-7788 (春日大社国宝殿)
料金 一般 1000円、大学高校生 600 円、中小学生 400 円

開催施設の基本情報

施設名 宝物館春日大社国宝殿
所在地 〒630-8212 奈良市春日野町160
TEL/FAX 0742-22-7788 / 0742-27-2114
URL http://www.kasugataisha.or.jp/h_s_tearoom/museum/index.html
拝観時間 10:00~17:00 ※入館は16:30まで
休日 展示入替のため休館あり
拝観料 大人…500円
大学生・高校生…300円
中学生・小学生…200円

団体割引(20名以上)
大人…400円
大学生以下の団体料金設定はありません。
交通アクセス 最寄り駅からの交通
   JR・近鉄 奈良駅
   春日大社本殿行きバス8分 終点下車すぐ
   又は市内循環バス8分「春日大社表参道」下車 徒歩10分
駐車場 バス、乗用車合わせて100台 (普通車 1,000円、バス 2,500円)

近くの神社・仏閣奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネットへ移動します。