巡る奈良

特別講話13祈りの回廊 2016年春夏版

「鑑真和上がつなぐ懸け橋」 律宗総本山 唐招提寺
長老/石田智圓

―まずは唐招提寺の始まりについて教えてください。
―まずは唐招提寺の始まりについて教えてください。
石田長老 唐招提寺は759年、戒を伝えるため唐から来日した鑑真和上によって建立されました。それまで日本には僧に正式に戒を授けられる伝戒師がおらず、私度僧(自分で出家を宣言した僧侶)が多かったのです。このため、唐に渡った大安寺と興福寺の僧、普照(ふしょう)と栄叡(ようえい)が、鑑真和上に来日をお願いしたのです。
当時、渡航は死を覚悟しなければならないほど危険なことでしたが、鑑真和上は、弟子が行かないなら一人でも行くと宣言されます。そうして、5度の失敗、その間の失明を乗り越え、6度目の渡航で今の鹿児島県南さつま市坊津へ上陸。翌年から東大寺で5年を過ごした後、下賜された新田部親王の旧宅地で、戒律を学ぶための道場を開きました。これが唐招提寺の始まりです。当初は旧宅を改造した経蔵や宝蔵、平城宮の東朝集殿を移築改造した講堂などがあるだけでしたが、8世紀末頃には金堂も建立されました。
―中国にとって名僧であり宝でもあった方が、命の危険をおかしてまで日本に来てくださったのですね。石田長老にとって鑑真和上とはどんな人物ですか。
―中国にとって名僧であり宝でもあった方が、命の危険をおかしてまで日本に来てくださったのですね。石田長老にとって鑑真和上とはどんな人物ですか。
石田長老 5度も渡航に失敗すれば、我々であれば、もうやめておこうかとなりますよね。唐から出したくない弟子の密告により、度々引き止められてもいます。それでも鑑真和上は、仏道のために身命も惜しまぬ覚悟で初心を貫かれた。我々では到底及びませんが、その心は見習わなければならないと思っています。
戒を守り、できるだけ質素にされていた鑑真和上は、袈裟もきらびやかなものではなく、「糞掃衣(ふんぞうえ)」という、粗末な端切れを縫い合わせたものでした。1250年忌に当たる2013年、鑑真和上坐像を複製した「お身代わり像」の開眼供養を行ったのですが、制作をお願いした美術院国宝修理所も、その彩色にはかなり苦労されたようです。それでも本物と同じ脱活乾漆造できれいに造ってくださり、出来上がりのお顔は、まるで風呂上がりのように艶がありました。
―唐招提寺には中国からの観光客も多いですね。鑑真和上が1300年近くにわたって日本と中国との懸け橋になってくださっているのでしょうか。
―唐招提寺には中国からの観光客も多いですね。鑑真和上が1300年近くにわたって日本と中国との懸け橋になってくださっているのでしょうか。
石田長老 一般の方々はもちろん、寺の御廟には、中国の胡錦濤国家主席、趙紫陽首相(いずれも当時)も墓参りに来られました。鑑真和上は中国の人々にとって今も大変な誇りなのです。
実は先だって、松浦俊海前長老を団長に、日中文化交流協会の方などと訪中団を組み、鑑真和上の中国での足跡を訪ねる旅に行ってきました。住職を務めておられた揚州・大明寺、3度目の渡日に挫折した際とどまられた寧波・龍興寺、6度目の出港地・張家港にある「鑑真東渡記念館」などを1週間かけて回ったのですが、どこでも大変な歓迎を受け、鑑真和上がつないでくださるご縁を深く感じることができました。
―鑑真和上の教えと、人々が寄せる崇敬の念は今も息づいているのですね。その鑑真和上の再来とも称される覚盛(かくじょう)上人と、こちらで行われる「うちわまき」にはどういったいわれがあるのかも教えていただけますか。
―鑑真和上の教えと、人々が寄せる崇敬の念は今も息づいているのですね。その鑑真和上の再来とも称される覚盛(かくじょう)上人と、こちらで行われる「うちわまき」にはどういったいわれがあるのかも教えていただけますか。
石田長老 覚盛上人は鎌倉時代に戒律復興運動を進められた中興の祖で、「うちわまき」は上人の命日法要です。正しくは「中興忌梵網会(ちゅうこうきぼんもうえ)」といい、毎年5月19日に行っています。ご自分の体にとまった蚊をたたこうとする弟子に、殺してはいけないと諭されたことから、亡くなられた時、せめてこれで蚊を払ってさしあげようと法華寺の尼僧がうちわを供えたことが由来です。覚盛上人は、鑑真和上の「不殺生戒」を継いでいらっしゃったのでしょう。
戒を守り、生きているうちに仏になれと私たちに伝えるため、鑑真和上は命を懸けて海を渡ってこられました。仏になるとは、広く、大きな気持ちを持つということです。参拝に来られた方々が、明るい、大きな気持ちを持ってもらえればと、私どもも願っています。
プロフィール

プロフィール

律宗総本山唐招提寺 長老 石田 智圓(いしだ ちえん)

1935年7月9日、三重県伊賀市(旧上野市)生まれ。1959年10月25日、唐招提寺戒壇にて具足戒受戒。戒和尚は第81世長老森本孝順師。1976年3月25日、西方院住職拝命。1984年4月15日、西方院本堂落慶および本尊阿弥陀如来(重文)遷座式。1995年6月28日、唐招提寺執事拝命。2011年10月17日、律宗管長・唐招提寺第87世長老就任。(大僧正となる。)同年11月7日~9日、東大寺授戒会伝戒和尚を務める。2013年6月5日、鑑真大和上1250年御諱法要導師を勤め、大和上平成御影像を開眼供養。

特別講話Special Interview